Macのウィンドウを整理しよう 〜 Moom

以前から愛用しているツールです。

Moomを使うと、Mac上でたくさん開き重なり合って整理がつかなくなったウィンドウを綺麗にグリッド上に並べてくれます。

どんなツールかは、その操作している様子をMany Tricksのサイトで見ていただいたほうが早いと思います。

マウスで操作する場合、標準の最大化ボタン上にマウスを持っていくとあらかじめ定義されているグリッド上での配置が出てきます。オプションボタンを押しながら操作すると、さらに別の配置も出てきます。ここでマウスで特定の配置を選択すると、ウィンドウのサイズと位置が修正され指定された場所に移動します。

同様のことはショートカットを利用しても可能です。わたしはショートカットに慣れてしまったので、こちらのほうが思うように操作ができます。

配置はデフォルトの状態では 6 x 4のグリッドで定義されているので、これに従って整理していけば自然と綺麗にウィンドウが並びます。

一度整理した配置は記憶することができます。例えばわたしはブログを書く場合、左側にSafariを上下に2ウィンド(参考情報の参照のため)、右側にMarsEditの編集画面とプレビューを上下に出しています。この配置を一発で決めることができるのです。

わたしにとってはなくてはならないアプリでしたが、最近新しいMacを買いディスプレイサイズが大きくなったので、たくさんウィンドウを開いてもなんとかなっていたのでした。そして、Moomのことをすっかり忘れていました。今日、あろうことか同様にアプリ Magnetを買ってしまったのです。使ってるうちに「うーん?」となりMoomを思い出したのでした。


Comments !