新型 WRX STIを見てきた

先週6ヶ月点検を終えたところですが、6月に発表された故障検出プログラムの不具合ってちゃんと当ててくれたんか? と思って今日ディーラーに行ってきました。

結果は、車体番号は対象っぽい書き方になっていますが、S4のみが対象ということで一安心です。ついでに年度変更したSTIをしげしげと眺めてきました。

ついでに年改での細かい変更点は公式にはアナウンスされないのでわかりませんが、エンジンや駆動系は手を入れていないようですが足回りは変更してるんだろうな。S4のほうはかなり乗り心地が改善しているとのことでした。試乗したいところですが、年初に納車したばかりの客だと完全に冷やかしですからやめておきました。

インテリアでパワーウィンドウのスイッチがメッキが入ってかっこよくなっていました。USB電源が2Aになっていたのは、ちょっと羨ましいところです。

今回の目玉はなんと言っても「アドバンスドセーフティパッケージ」がオプションとして設定されたことでしょう。

後側方警戒支援

「スバルリヤビークルディテクション」という機能らしいです。準ミリ波レーダーで斜め後方の死角を検知して、ドアミラーに埋め込まれたLEDや警告音でドライバーに知らせてくれます。車線変更やバックの後方確認を支援する機能ですね。

サイドビューモニター

助手席側のドアミラーについたカメラで死角になりがちな前方をモニターしてくれます。

ハイビームアシスト

単眼カメラで先行車や対向車を検知してハイビールとロービームを自動で切り替えてくれます。

S4だと、これにアイサイトの情報をフロントガラス投影する「アイサイトアシストモニター」機能が付くらしいです。

「ハイビームアシスト」は思ったように動作せずイライラするような気がしますが、たの2つはあればあったでうれしいのでしょうか?

それよりも足回りの変更のほうが気になります。


Comments !