餃子の並商

今日は休みだったので、久しぶりに餃子の並商に行ってきました。

千葉では行列ができるラーメン屋さんとして有名な「並木商事」の姉妹店です。

こちらは餃子が売りになっています。いつもはテイクアウトで餃子や並商ご飯を食べているのですが、今日はランチで時間があったのでお店でいただきました。

餃子メインなんですが、お店ではラーメンもやっています。ラーメンが時々入れ替わるようで、先月末から新しく「素湯麺」というのを始めたみたいなのでその偵察です。

今回は「咖喱排骨素湯麺」というのをいただきました。名前からするとカレー味のパイコーが乗ったものですが、普通の豚のお肉でカレー味のカツレツにしたものでした。

澄んだスープにちょっと太めの麺、ネギと大葉?、それにささみが乗っています。雰囲気は愛してやまない千葉の鳥そば「七星」の薄味に少し似ています。食べてみると、塩辛い。七星と比べたら失礼な味でした。塩辛いのに、鳥の旨味はあまり感じられない。

さらに、カレー粉で味付けた豚のカツレツがさらに塩辛くて途中で嫌になりました。

千葉駅の「並木商事」のほうは濃厚なスープとお肉で人気で、それに対抗した感じでシンプルなラーメンを目指したのでしょうが……

やはりご飯ものやチャーハン、「並木商事」と同じ味であろうまぜそばが無難ですね。


Comments !