Lexus IS200t 試乗してきた

Lexus IS200tに試乗してきました。

試乗したのはFスポーツと言われるグレードです。

Fスポーツはフロントグリルもメッシュになっていたりして外観からしてかなりスポーティです。WRXと比べても、背は低いです。

派手なレッドのレザーシートに乗り込みシートベルトを装着すると、自動的にシートが運転位置にずれ、上に跳ねあげられてたハンドルも運転位置に戻ってきます。降車時は逆にシートが自動的に後ろにずれてハンドルが上に跳ねが上がります。こういった配慮は乗り降りが非常に助かりますし、男の子はこういったメカはテンションが上がるでしょう。

シートのポジションはかなり低いです。ロードスター並みに低い気がします。

足回りは驚くほどソフトです。ただ柔らかいのと違って、非常にしなやかな印象です。コーナーで荷重をかけてもぐっと沈み込みますが、大きなロールが出ることもありません。街乗りだと、このサスが沈み込むワンテンポは走りやすいと思います。

WRXだっと凹凸を拾って車体が振動したり、バンピーで車体が上下するような道でも、何事もなかったように静かに走っていけます。走行モードをSPORTSやSPORTS+にするとサスの設定も多少硬くなるようですが、基本的な印象が変わりません。

ハンドルは電動パワステですが、よく調整してあり非常に軽いのですが速度が増すと安定感もあり安心して運転できます。コーナーではキビキビというほどではありませんが、後輪駆動の素性の良さでよく曲がります。

エンジンの方はぐっと静かですが、踏み込むとサウンドジェネレーターからの音が高まるので気分的には盛り上がります。この新しい8AR-FTSというエンジンは1650rpmから4400rpmで350Nmとかなり広いパワーバンドを持っており非常に使いやすいのですが、それほど高回転型と言うわけではありません。それでもスカイラインの200GT-tのメルセデスのエンジンよりパワフルでスポーティーです。

実際乗り比べると、スカイラインがかなりもっさりしていたのに比べ、IS200 200tのほうは実際のトルクは同程度のはずですがパワフルでスムーズに加速しているフィールを持っています。

WRXとは価格差100万近くあり比べるのもアレですが、やっぱり上級な乗り心地のスポーティセダンってのはいいもんですな。

関連リンク


Comments !