Linkmount SystemでiPhoneをスマートに持ち歩く

昨年Kickstarterでポチって忘れていましたが、やっとLinkmount Systemが完成してデリバリーされてきました。

私が選んだのは黒のモデルです。

Linkmount systemは、この栓抜きのような形をしたベースをiPhoneなどのスマートフォンに3Mの強力な両面テープで貼り付けます。貼り付ける際にはちゃんとガイドのテンプレートが付いているので、相当不器用な人でも安心です。

Kickstarterの動画を見るとわかりますが、ベースの部分の下部に専用のストラップ(というかリーシュかな)を装着することができます。装着部分もかなりしっかりしているので、このままぶらぶら振り回しても大丈夫な感じです(自己責任で)。

また、このベースの部分を引き起こすとリングが仕込んであります。引き起こすと自由に動くので、90度回転させて指を入れると安定してiPhoneを保持することができます。iPhone 6 Plusにして操作中に落とすことがありましたが、これでその心配もかなり軽減されます。日本では「バンカーリング」や「グリップリング」などという商品名で売られているものと機能は同じです。

このリングが角度が自由に調整できることと、かなり計算された形をしているので、iPhoneを机に置くときスタンドとなります。普通のiPhoneであれば、ポートレイトでもランドスケープでも大丈夫です。iPhone 6 plusなどの大きなスマホの場合、重心などの関係でポートレイトではうまく立ちません。

また中心部に四角い凹みが付いています。これは、セットになっているシンプルマウントにマウントする際の機構になっています。

シンプルマウントはプラスチックで直径2cm位の富士山型のオプションで、真ん中に強力な磁石が仕込んであります。裏面には3Mの両面テープが貼ってあるので、これを壁などに貼り付けます。Linkmountを近づけると、先ほどの中心部を四角い部分がピタリとマグネッットにハマって垂直な面でも固定されます。自分がよく座ってる場所の棚や壁につけておけば誤ってiPhoneを床に落としてしまうこともありませんし、車のダッシュボードに貼り付ければいつでも付け外し出来る簡易ナビになります。

さらにその四角の真ん中の部分には、ネジ穴があります。このネジ穴がカメラの三脚ネジと互換性があるので、カメラをマウントするような三脚や追い撮り棒、自撮り棒などに簡単にiPhoneを装着することができます。

装着してもそれほど厚みがないので、Urban Armor Gear フォリオケースをやめて、 以前購入したオイルドレザースリーブに戻しました。

1台4役でなかなか使えるやつですが、見た目もシンプルで気に入っています。


Comments !