WRX STIに助手席アンダーカバーを

以前エアコンの調子が悪く修理してもらった際に確認のため助手席の下を覗き込んでみたら、ダッシュボード下の部分は配線や部品がむき出しで驚いたことがあります。ディーラーがパネルの装着を忘れたんだと思い確認したら、「そういう仕様です」と言われて愕然としました。

いやぁ、400万近い車でこう言うコストダウンをするのかと。

レヴォーグやXV Hybidにはこの部分にカバーが付いている模様。スバルなんて所詮実質的には1車種なんだからと調べてみたら、皆さん同じようにつけてらっしゃる。

早速スバルに行って部品が欲しいというと、裏にあるパーツセンターを案内されました(販社の本社なんでパーツセンターが運よく隣接しているのはたまたまです)。

パーツセンターに行くと、以下のイラストで確認されました。

Levorg-Instrument-Panel.pdf - Google ドライブ

部品番号なんかは変わるらしいので、「レヴォーク用の助手席アンダーカバーが欲しい」と依頼した方が確実です。

アンダーカバーが2,200円、クリップが2つ必要で1個 50円です。真ん中のクリップはアンダーカバーに付属しています。合計しても、3,000円いかないです、安っす。

取り付けは、発煙筒を外して、位置を合わせて押し込んだら、クリップで留めるだけです。5分もかかりません。 上の写真が取り付け前のむき出し状態、下の写真がカバー取り付け後の状態です。

アンダーカバーはかなり厚手の吸音材が貼り付けてありました。
思うに、レヴォークやXVなどではアイドリングストップするので、ちょうどこの部分にあるエアコンのブロアモーターの音を遮断するためにこのカバーをつけたのでしょう。アイドリングストップもしないWRXは、「見えねぇし、まっいっか」って感じですかね。

結構なユーザーがつけてるので、やっぱみんなむき出しってのは気になるんですね。

ちゃんと、最初からつけとけや!


Comments !