そういえば、iOS9から言語切替のショートカットが変わっている件

FlySharkキーボードには「言語切替」のショートカットキーが用意されているのですが、押すとSpotlightの検索に入ってしまいます。

「あれ?」と思って、Command + Spaceを押してみましたが、動作は同じです。

今更ですが、昨年9月のiOS9アップデートで、言語切替のショートカットが Command + SpaceからControl + Spaceに変更され、Command+SpaceはSpotlight検索に当てられてたのでした。

そういえば、「なんてことすんだ、Appleよ! Macとの整合性がとれてないじゃねーか!」なんて当時は思ったものでした。その後発表された Mac OS X El Capitanでは、しっかり同様にショートカットが入れ替えられてて、iOSと同様言語切替はControl-Spaceに変更されてましたね。Yosemiteからアップデートしたので気づきませんでした。

長いものには巻かれる主義なのでそのうち慣れると思いますが、このキーボードに印字されたシンボルが悲しいです。ロジクールなど他の外部キーボードでも状況は同様です。


Comments !