Withings Smart Body Analyzer WS-50 を選んだ訳

一時期はレコードダイエットに励んでいましたが、一旦体重が減った時に気が緩んでしまいその後忙しくなって典型的にリバウンドです。

これではいかん!と体重に気を遣い始めたものの、忙しい朝に体重計に乗って記録を取ること自体が面倒臭い。そこで、乗るだけで体重や脈拍を測ってくれて、ネットを介してサーバーに自動的にアップロードしてくれる Withings Smart Body Analyzerを購入することにしました。

最初にネットワークの設定とアカウントの設定をやってしまえば、後はSmart Body Analyzerの上に乗るだけです。

自動的に起動して、まず体重、体脂肪、脈拍を測ってくれます。気温とCO2は定期的に測っているようで体重測定時に自動的にアップロードしているようです。

体重計に乗りさえすればいいわけです。その場で体重を確認しなくても、データはサーバーにアップロードされていますから安心です。

iOSアプリが提供されているので、通勤電車の中で起動してアップされた体重などのデータを確認することができます。もちろんPCなどかわWebでも確認できます。

サーバーに直接アップロードされるので、Withingsから直接SNSへ連携することも可能ですが、IFTTTと連携して、例えば、目標体重に達したら自分を褒めるメールを送るとか、上限体重を超えたらSNSに自分の体重をぶち撒けるレシピを仕込んで恐怖心からダイエットを促進するとか。

さて、これでダイエットも安心、安心。 あー、お腹すいた。


Comments !