ペヤング 激辛カレー焼きそば、本当に油断してはならない

ペヤング激辛焼きそば」に続き、「ペヤング激辛カレー焼きそば」が出ていたので、ペヤンギストとしては当然挑戦してみました。

さて、その辛さの実力を見せてもらおうじゃないか。

新たな挑戦状

ペヤングからまた新たな挑戦状が叩きつけられました。

つい先日、「ぺヤング 激辛やきそば 」が出たばかりです。
確かに辛かったのですが、まぁ口ほどにもないというか。。。 ちょっと汗が出るくらいでしたね 汗

今回の「激辛カレー焼きそば」では、パッケージには辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意くださいなどと仰々しい文字が並んでいます。また、メーカーのWebサイトには以下のような挑発的な言葉が並んでいます。

水なしでは完食が難しいほどの辛さに設定してあります。 カレーのコク深い味付けと後引く辛さが感じられる商品です

挑戦、そしてごめんなさい

さて、挑戦です。

具は、ミンチ状の肉とキャベツです。麺は普通のペヤングと変わりません。ソースは濃厚なソースタイプでなく、確かに黄色いカレーっぽい色です。

普通にかやくを入れてお湯を注ぎ3分間待ちます。

そして、ソース投入。 見た目は「激辛焼きそば」のようなソースっぽい色はなく、まさにカレー粉の色で薄いソースに黄色が入っています。ただ、香りは強烈な辛さを思わせる強さです。うっかり指についたソースをそのまま舐めたりすると危険な予感がします。

一口、いただいてみます。 これは! 唐辛子のホットの辛さじゃなく、山椒のようなピリピリした辛さです。「激辛焼きそば」が唐辛子の辛さでじんわり効いてきたのに比べると、こちらは最初からガツンときます。

水を飲んでもヤバい辛さです。

辛いのは結構強いのですが、本当に食道がどうにかなりそうでした。

ただし、唐辛子の辛さではないので、食べて口の辛さが収まればお腹が痛くなったり、翌朝のお通じが恐怖なんてことはなさそうです。

確かに、子供なら泣きますな。

次はにんにくMAXを試してみます。


Comments !