CooFooGooのステンレス製フライパン 7年目

7年前に沖縄に単身赴任した時に買ったフライパンです。

朝食を作る時にしか使わないのですが、ほとんど焼き付いたりしなくなってきました。色もなかなかでの色です。

お手入れ大事

こCoo Foo Gooのステンレスパンは、買った時な錆防止のシリコン樹脂がコートしてありました。当然使う時には洗い流して、私の場合は火入れしました。 そうするとステンレスでも放置しておくと、錆が出てきます。

使った時は、洗剤を使わず水も使わずに、熱湯を入れてスポンジで洗い流し、最後にオリーブオイルを染み込ませたキッチンタオルでひと吹きしておきます。今では以下の写真のような感じです。左が買ったばかりの頃、右が現在です。

ステンレスなのでシルバーが残ってますが、いい色に焼けてきました。最近は、さっと熱湯を注ぐだけで、ほとんどゴシゴシやらなくても良いくらい油がよくなじんでこげつきが少なくなりました。

使い勝手は?

深底なので、多少たくさん具材を入れてもこぼれず、炒め物だけでなく煮込みハンバークのようなものでも大丈夫です。オールマイティーで、チャーハンのような炒め物からオムレツ、お肉などなんでも使っています。

欠点は、ステンレスは熱が伝わりにくいので焼きムラができやすいことです。最初の頃は焦付きが実は多く、上のようなお手入れをやっていると油が馴染んできたのか、最近ではこげつきも少なくなってきてだんだん使い勝手がよくなってきますが。

「やっぱり肉をジュージュー焼きたい」と、ステンレスでない鉄製パンを検討中です。


Comments !