iOS9.3 Night Shiftを使う

時間帯によって画面の色合いを暖色系に自動的に変えてくれるMacのアプリで、f.fluxがあります。今回のiOS9.3ではそれに似た機能 "Night Shift"が搭載されました。

Night Shiftとは

Night Shiftは時間帯によって色調を調整し、夜など環境が暗くなる時間帯は暖色系にしてくれます。こうすることで、ブルーライトを抑えて目の負担を軽減する効果やその後の睡眠への影響を抑える効果があると言われています。

JINS PCなどのブルーライト軽減メガネいらずということですね。

これはほぼf.fluxと同じ機能です。

効果のほどはよくわかりませんが、私はMac上のf.fluxでは効果があるようです。グラフィックを扱うとき以外は、昼間は色温度を4,800K、夜は3,400Kにしていると、画面を眩しく感じなくなりますし夜も寝つきがよい気がして、手放せなくなりました。

iOS9.3にアップデートすると「設定」の「画面表示と明るさ」に「Night Shift」の項目が追加されます。開いて Night Shiftをオンにし色調を変更したい「時間指定」を指定するとその時間帯は暖色系の色合いの画面になります。位置情報サービスがオンになっていれば、「時間指定」に日の出、日の入りを設定できるようになります。

低電力モードでは Night Shiftは動作しない

設定をしていると、「低電力モードではNight Shiftが無効になります」とあります。

Night Shiftはコントロールセンターからもオン・オフが出来ますが、確かに低電力モードになっているとボタンが無効になっています。

単純に画面の色調設定を変更している以上のことをやっているでしょうか? そういえば、Night Shiftがオンになっていて画面上暖色系に色調が変わっていても、スクリーンショットを撮るといつもと同じ色調になっています。謎です。

しかし、Siriに「Night Shiftモードを有効にする」と命令すれば、Night Shiftをオンにしてくれます。

紛らわしいのが「Night Shift モード」とだけ言うと「私はNight Shiftの設定を変更できませんが、”設定”を使えばご自身で変更できます。」と注意されてしまいます。


Comments !