Kindle Paper White 2015 購入

Kindleをどこかで落としてしまいました。

悲しいので、今更ながらKindle Paper White 2015を購入。こんなに画面が読みやすくなっていたとは。

Kindle Paper White 2013との比較

失くしてしまったわたしのKindlw Paper Whiteは2年前に購入した 2013版です。

比較すると、2013が212ppiだったのに比べると、300ppiと解像度が上がっています。

実際見てみると、どちらかだけを見てもそれほど違いがあるようには思えません。

しかし、2015の方は小さなフォントでも読みやすく、2013よりフォントを一段小さくしようかという気になります。わたしは比較的読む速度が速いので、1ページにたくさんの文字が表示されているのは非常にありがたいのです。ページめくりの回数も減り、視線の移動も減るので、目の疲れやストレスが少し楽になる気がします。

日本語ではよくわかりませんが、英語では組版エンジンが最適化されているそうで同じ本でも表示のされ方が違うそうです。

また、画面は明らかに白さを増していて、特に漫画などは読みやすく感じます。

ちょっと驚いたのは、2015の方がページ書き換えが遅いことです。これは、家族のKindle Paper White 2013と比較していてわかりました。CPUなどは変更せず、解像度だけをあげたのかな。

周辺機器

外観は、2013とほとんど変わらないため、以前使っていた周辺機器やカバーもそのまま使えます。

今回、以前も購入した Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)をまた購入しました。悲しいです。

以前は液晶の保護フィルムも購入しましたが、実際に2年間使ってみて「カバーがあれば大丈夫かな」と思うのでやめておきました。

まとめ

今回は失くしてしまったので仕方なく買いましたが、 Kindle Paper White 2013を持っているならば買い換える必要はないと思います。無印Kindleなど、より古い機種ならばこの解像度の高さは十分に買い替えを検討する価値があります。

もし、購入されるなら、注意点は2つです。

  • 今ならプライム会員の特典で4,000円引きで購入できるので、キャンペーンコードを忘れずに。
  • 「キャンペーン情報付き」というのは、安いですが起動のたびに広告が表示されるので、それが気になる人はやめておきましょう

Comments !