天国への階段』盗作騒ぎに乗じてコピーしてみた

伝説のロックバンド Led Zeppelin の伝説の曲「Stairway To Heaven(『天国への階段』)」が、盗作で訴えを起こされてるとのことです。

5月に裁判があるようですが、ガキの頃から親しんできたこの伝説の曲が盗作なんてことになったらわたしの世代は天地がひっくり返るようなもんです。

懐かしいのでコピーしてみた

なにはともあれ、懐かしいのでコピーしてみました。


天国への階段をコピッてみた

ギターの裏でなっているのは、American Native Fluteなのかな。適当です。

盗作か?

盗作だと言われているのは、「スピリット」というバンドの『Taurus』という曲です。訴えているのもバンド関係者とのことです。 なんでも、Led Zeppelinがこのバンドの前座で出たことがあり、「その時盗みやがったな」っことらしいです。

これ、かなり前から「イントロが似ている」とは言われてた有名な話ですね。両者を比較した動画も以前からたくさん上がっています。

イントロは、Am -> E on G# -> C on G -> D on #F -> FM7 -> G on B / Am というコード進行です

まぁ、ありがちなコード進行といえばそうですね。ベース音が半音づつ下行していくクリシェになっているので、これを思いついたら必然的にこのコード進行になるだろうという感じです。

ギターのあのサムピックを使ったアルペジオのアレンジ、フルートの物悲しい伴奏、切ないヴォーカルのメロディラインと同じコード進行でも比べると 「Stairway To Heaven」の素晴らしさが逆によくわかります。

それにイントロだけで、イントロから主テーマ以降のパートは全然違いますし、曲の構成も違います。

これで盗作と主張するのはきついのじゃないなかな。スピリットの話題作りじゃないかと疑われても仕方ないですね。

さて、この曲ですが、2014年DVDが出た Heartのライブでのカバーが素晴らしい演奏でした。


Comments !