映画『ジョン・ウィック』でキアヌ・リーブスは復活したのか?

キアヌ・リーブスの久々の大作?『ジョン・ウィック』を見ました。

キアヌ・リーブス完全復活と言われていますが、果たしてどんな映画なのかと期待してみてみました。

ここからはネタバレです。

あらすじ

冒頭、満身創痍で亡き妻との幸福な時の動画を見ながら雨の中倒れ行くキアヌ・リーブスが描かれます。

妻を病魔で亡くし絶望していたジョン・ウィックはその妻が死後に送ってきた愛犬に希望を見出との暮らしに希望を見出します。愛車である69年製のマスタングに乗って、犬の餌を買いに行ったところを、マフィアのボスの息子に「その車を売ってくれ」と絡まれます。断ると、夜そいつらはジョンの家に侵入して、彼を殴り倒し目の前で愛犬を撲殺した後、車を盗んでいきます。

ジョンは以前そのマフィアでの伝説の暗殺者でした。マフィアのボスはブチ切れて息子を殴り倒します。「お前は、誰の車を盗んだかわかってるのか?」と問い詰めます。息子は”The Fucking Nobody(誰でもねぇ)"と答えますが、マフィアのボスは” That fucking nobody is John Wick, Baba Yaga"と答えます。

そして、ジョンは復讐に燃えマフィアを殺して回ります。途中マフィアに捕まってしまいますが、その時自らが完全にかつての暗殺者に戻っていることを意識し完全復活を遂げます。

みどころは?

ストーリーは多少無理がありますが、かなりシュールな世界観で描かれているので多少のことは気にならなくなります。

暗殺者の間での休戦地帯となっているらしきホテル、電話一本で全ての殺しの痕跡を洗浄してくれる掃除屋などシュールすぎて、笑いを誘ってるのかとも思いますが、これらが独特の世界観を織り成す要素となっています。

そして見所は、ガン・フーと呼ばれる一風変わったアクションスタイルです。

これは、拳銃と柔術的なアクションを組み合わせたスタイルのアクションです。

キアヌの拳銃の構え方を見ればわかりますが、映画などによくみる腕を伸ばした派手なスタイルでなく、体に近いところに拳銃を構えた独特のスタイルで、CAR SYSTEMって名前の銃撃スタイルなのだそうです。超近距離での銃撃戦を想定しているからなんでしょう。

映画を見ると、近距離にフォーカスして、相手を銃撃もしますが、隙を見て組み付き投げを打ちさらに超近距離で銃撃し相手を倒していきます。

実際の銃撃戦は相手が撃ってから隙を見てこちらから銃撃して、またこちらが隠れると相手が撃つ……すごく間延びした感じです。ガン・フースタイルだと、近距離で相手とやりあっているので常にアクションが継続しアクションの不要な間がありません。しかも、通常のレンズの画角でアクション全体も画像に収まるので臨場感のあるアクションシーンになります。

問題は、柔術のアクションシーンを描きたいのか、関節技の応酬が長いことです。アクションシートしてはわかりますが、もっと新しいスタイルを狙っているなら投げを打ったら即バンバン拳銃で相手を撃っていくくらいがテンポよくアクションも読めると思いました。

復活したのか?

3つの意味でキアヌは復活しています。

一つは、引退した暗殺者として復活して、マフィアを全滅に追いやります。 二つ目は、役者としてマトリックス以来なかなか注目作に恵まれなかったキアヌ・リーブスの新しい代表作になり役者としてのキアヌ・リーブスの復活を見ることができます。 三つ目は、冒頭で死にかけていたジョン・ウィックが最後復活するのです。

続編も予定されているとのことなので、今から楽しみです。


Comments !