職人が作るiPhone用レザースリーブ スペシャルエディション

以前使用してたオイルドレザーのスリーブをどこかで無くしてしまったので、再度購入です。

やっぱりiPhone 6 plusはスリーブが必要

先日カメラのレンズを割ってしまい、交換したばかりです。やっぱりiPhone 6 plusはでかいしカメラが出っ張っているので、スリーブに入れて持ち歩かなければと思っていた矢先にスリーブをなくしてしまいました。

どうやら電車で移動中に落としてしまって、気づかずにそのまま電車を降りてしまったようです。

どうしようかと思いましたが、以前購入した 職人が作るオイルドレザースリーブ for iPhone 6 Plus用(5.5インチ) と同じ国立商店のものがいいだろうということで再購入です。

今度はヌメ革

今回は同じ国立商店の製品ですが、ルーズフィットモデルという少し大きさに余裕があるモデルを選びました。

これは、以前のぴっちりモデルだと取り出す際に強く引っ張る必要があって、その際ボタンを押してしまい取り出したらSiriが立ち上がっているということがしばしばあって悩まされていたことと、補強のためにバンパーを取り付けたので出し入れに余裕がある方が良いかと思ったためでした。

余裕があり出し入れは非常に楽ですが、普通に気をつけていれば中身のiPhoneがすっぽ抜けることはまずないくらいの保持力はあります。

また、「スペシャルエディション」ということでオイルドレザーでなく今回はヌメ革です。

個人的にはヌメ革の感触の方が好きでなのです。最初にシダーオイルを少し塗ってなじませて使い始めました。盛大にティシュが茶色に染まるくらい落ちましたが、まぁ安物なのでこんなものでしょうか。

柔らかな革なので表面には結構傷がついていきますが、これも味だと割り切って使っています。

育てていくのが楽しみです。


Comments !