Ghost を 0.8.0にアップグレード

本日Ghost 0.8.0がリリースされたようなので早速アップグレードしてみました。

Ghost アップグレード手順

以下は、DigitalOceanでホスティングしている環境で、個別のファイルの更新はFTPでやることを前提にしています。

  1. Ghost サイトから新バージョンをダウンロードする
  2. 管理画面の”Labs”からExportボタンを押して記事のバックアップと取得する
  3. コンソールに入って、service ghost stopでGhostを停止させます。
  4. サーバーの画像フォルダ(ghost/content/images)のバックアップを取得します。
  5. 一応テーマフォルダ(ghost/content/themes)のバックアップを取得します。
  6. ダウンロードした新バージョンのGhostのzipを解凍し、ghostフォルダ直下の*.md *.js *.jsonのファイルを、サーバー側のghostフォルダにコピーする。
  7. サーバー側のghost/coreフォルダを削除する。
  8. 新バージョンのghost/coreフォルダをサーバー側にコピーする。
  9. コンソールでcd /var/wwwとタイプし移動する。
  10. chown -R ghost:ghost ghost/*で権限を更新する。
  11. cd ghost でフォルダを移動する。
  12. npm install --productionで必要なプログラムをインストールする。
  13. service ghost startでGhostをスタートさせる。

これでブラウザを上げて、以前と変わらずブログ見えれば完了です。

詳細は、正式な遺構ドキュメントを確認してください。

新機能について

以下のような機能が追加されたようです。

  • Subscribers
  • Slackとの統合
  • Twitter & Facebook サポート
  • HTTP2 プリロードヘッダー対応
  • Image uploaderのパフォーマンス改善
  • theme API breaking changes

うーん、テーマを対応させないと意味のないものもありますが、Image Uploaderがよくハングしてたのでこの改善が一番嬉しいです。


Comments !