DigitalOceanでFreeBSD

Jekyllへの移行を検討しようかと、DigitalOceanでFreeBSDを立ててみました。

FreeBSDをDigitalOceanで立てる

Jekyllでのコンテンツ生成はローカルでやろう思うので、サーバー側はApacheだけでよいので適当にサーバーを立てることにしました。

特に意味はありませんが、FreeBSDを選択してみました。

DigitalOceanでFreeBSDを選択すると、SSH Keyが必要なので自分のPCでキーの生成をします。

ssh-keygen -t rss

キーを生成後、以下のようcatで公開鍵を表示させてコピー&ペーストします。

 cat ~/.ssh/id_rsa.pub

DropletでFreeBSDが作成されたら、以下でアクセスします。IPアドレスはDigitalOceanの管理画面で確認できます。

ssh freebsd@[your.ip.address.here]

Apache導入

FreeBSDは起動しましたが何も設定されていない状態です。Webサーバーとして利用したいので、Apacheを導入します。

SSHでログインして、以下のコマンドでApacheをインストールします。

sudo pkg install apache24

Apacheをサービスとして起動するために、rc.confの設定が必要です。以下のコマンドで設定します。

sudo sysrc apache24_enable=yes

とりあえず、起動します。

sudo service apache24 start

ブラウザを開いて、[your.ip.address.here]をURLにタイプしています。"It works!"と表示されたら Apacheが稼働しています。

Apacheの設定

起動しいくつか警告が出たと思うので、設定ファイルで修正します。まずは、設定ファイルのバックアップです。

cd /usr/local/etc/apache24/
sudo cp -p httpd.conf httpd.conf.bak

http.confを開いていて、以下の項目を修正します。ServerAdminにあなたのメールアドレスを、ServerNameにDNSネームを。DNSネームが決まっていなければIPアドレスをセットします。

ServerAdmin your@mail.address
ServerName www.hogehoge.jp

また、DocumentRootは以下のようになっていると思います。

DocumentRoot "/usr/local/www/apache24/data"
<Directory "/usr/local/www/apache24/data">
    # 途中省略
</Directory>

/usr/local/www/apache24/dataが htmlファイルが配置される場所です。初期状態では所有者がrootになっていると思いますから、freebsdに変更しておきます。

sudo chown -R freebsd /usr/local/www/apache22/data
sudo chown -R freebsd /usr/local/www/apache22/cgi-bin

さて、これで最低限の環境はできました。

が、Apacheまで稼働させてJekyllの生成したファイルを転送して確認したところで、まだ決めかねているのでDropletを破壊しました。お金かかるので。

こういったお試しで2時間程度サーバーを立ち上げて不要になったら削除するみたいな使い方ができるもDigitalOceanのようなサービスの良いところですね。

以下のリンクを使っていただければ、あなたにも10$の使用権がつきます。


Comments !