Real Racing 3

Apple TVで始めたゲームではまっています。

リアルなグラフィック

かなりリアルに作り込まれたゲームです。

まず目につくのがグラフィックの美しさとリアルさです。

車やコースも実際のコースをモデリングされており、あの車であのサーキットをと言う夢が半ば実現します。

車などはボディへの映り込みやバックミラー越しの後ろの様子なども正確にレンダリングされています。インテリアも車ごとにきちんと再現されており、本当に運転しているかのようです。

リアルな操作系

同様のレースゲーム「アスファルト」のように超加速のような飛び道具はありません。車のレベルを上げていったからといって、急に速くなったりしません。

コーナーを曲がるためにはきちんと減速して、クリッピングポイントに向けて車の向きを変え出口に向けてスムーズに加速する、という一連の動作をスムーズにやることが必要です。

基本に忠実に運転することが求められます。

ドリフトをしようと思えばできますが、基本的に失敗しますし成功したからといって速くコーナーを曲がれるというわけでもありません。

基本に忠実なコーナリングをやりつつ限界を攻めていると、グリップを失って車がジワリと安定を失っていくことがあります。この瞬間カウンターを当ててやると、うまくバランスを保って立ち直ってくれることがあります。しかし、絶対的にはグリップ走行をしたほうが速いです。

まとめ

ものすごく簡単に言うと、現実の世界でも速いコーナーリングをするには、コーナリング中に限られたタイヤのグリップ力をいかに上手に使いきるかです。

タイヤには、アクセルワークをしている時の「駆動力」、ブレーキング時の「制動力」、ハンドルを切ることでの「コーナーリング・フォース」という横向きの力がかかっています。結局、これの合算がタイヤのグリップ力を超えることはできません(ブレーキングで車体の全部に荷重がかかり、グリップ力が上がるということはあります)。

高いスピードでコーナーに飛び込んでいくと、高い遠心力が働きますからそれに応じた強いコーナーリング・フォースが必要となります。レースなどの高いスピード域ではその遠心力に応じたコーナリングフォースはグリップ力を超えてしまいますから、外にぶっ飛んでいくことになります。

それをしないためには、しっかりコーナー前でブレーキングをして強い遠心力がかからないようにして、タイヤのグリップ力内のコーナーリング・フォースで曲がれるよう減速します。

車の向きが変わったら、今度はアクセルを開けながら、コーナリング・フォースから徐々に駆動力の方にタイヤにグリップ力を割いていきます。

なんてことを改めて意識つつ、ゲームすると意外にうまく走れますよ。


Comments !