Ghost 0.9.0 がリリース

Ghost 0.9.0 がリリースされました。

主な変更点

0.9.0のリリースノートによると主な変更点は以下のようなものです。

  • 日時を指定してのスケジュールポストが可能となる。
  • スケジュールポストのサポートのためタイムゾーンがサポートされる
  • 現在のTagとは別に、Internal tags (内部タグ)がサポートされる。

タイムゾーンは以前検索機能でも難儀したので、待ちに待った機能だけに嬉しいものです。

しかし移行できん

今回、サポートする Node.jsのバージョンの範囲が変わったり依存しているパッケージを変えたようで、アップグレードしようと四苦八苦しましたがどうしてエラーが出て潰せませんでした。

結局アップグレードで動かなくなったサーバーを潰して、DigitalOcean上のDropletから別のサーバーを作って移し変えました。

自力でやるのは面倒なので、以下のいずれかでしょうか。

  1. DigitalOceanのDropletが0.9.0に変更されるのを待ってすげ替える他力本願戦略
  2. もう自力でのホスティングをやめて、Ghost(Pro)に移行する金にものを言わせる戦略

どっちも今ひとつだな。

Ghost ブログ移転方法

(これは自分への備忘録です)

何度も Dropletを作り直してサイトを作り直すハメになったので、手順を記録しておこうと思います。

  1. Ghost管理画面の[Labs]でExport して記事をバックアップする。
  2. サーバー側の以下のフォルダとファイルをバックアップする。
    • /var/www/ghost/content/images 以下のすべてのファイル
    • /var/www/ghost/content/themes 以下のすべてのファイル
    • `/var/www/ghost/config.js'
  3. 新サーバーが立ち上がったら、(うちの場合は)Google 管理コンソールに入って、DropletのIPアドレスをサブドメインの指定にセットする
  4. DigitalOceanのコンソールにログインして、service ghost stop
  5. 同じくDigitalOceanのコンソールで、`nano /etc/nginx/sites-available/ghost' で Server Nameをアサインしたサブドメイン名に合わせて修正する。
  6. 2でバックアップしたすべてのフォルダ、ファイルを元の場所にコピーする。
  7. DigitalOceanのコンソールで、timedatectl set-timezone Asia/Tokyoでタイムゾーンを変更(参照:「ブログサーバーのタイムゾーンの設定変更
  8. DigitalOceanのコンソールで service ghost startでGhostを起動。
  9. 新サーバーでGhost管理画面を立ち上げてユーザーを作る。
  10. Ghost管理画面の[Labs]で最初にExportしたファイルをImportする。

Comments !