1Passwordの月額課金プランについて

新しいMacに1Passwordをインストールしようとして、1Passwordが月額プランを始めていることに気づきました。

月額プランとは

これまで1Passwordは買い切りのソフトウェアでしたが、月額のプランを始めたようです。

最近のソフトウェアは毎年バージョンアップを行うのが普通ですし、そうしなければ売り上げが立たないので大した機能向上がなくてもメジャーバージョンアップが行われるのが普通です。

ソフトウェアとは継続的にお金がかかるものなのです。と、理解すれば、月額プランが出てくるのもわかる気がします。ユーザーも初期投資を抑え、結局毎年払うバージョンアップ料の代わりに利用料金を払うだけのことですし、ベンダーからすると安定して毎月の売上が保障されます。

プランが2つあります。2016-08-25時点のプランを比較すると以下のようになります。

1Password1Password Families
利用範囲一人、複数デバイスで利用可能5人まで。複数デバイスで利用可能
利用形態複数プラットフォームのアプリとWeb複数プラットフォームのアプリとWeb
オフラインアクセス
自動同期
アプリアップグレード含む含む
ストレージ1GB1GB
履歴1年分1年分
共有N/A共有とアクセス制御が可能

買い切りとどちらがいいのか

1Password6は2016年年初に出たばかりです。
これまでのリリース時期を見ると、1Passwordのメジャーバージョンのライフサイクルはおよそ1年前後です。ならば、すでに購入しているユーザーからすると、今はちょっと時期が早い気がしますね。価格的にはこれまでのアップグレード価格と年額で見ると同じくらいかと思います。

開発元のAgileBitsもそれがわかっているので、現在半年もの1Passwordのサブスクリプションにはトライアル期間が6ヶ月も付いています。

では、純粋にサブスクリプションと買い切りはどちらが良いのでしょうか?

サブスクリプションのメリットは、以下の点だと思います。

  • 専用のオンラインストレージがつく。しかも1GB。
  • Webアクセスが提供される
  • 家族でパスワードを共用できる家族向けプランがある

オンラインストレージについては、これまでiCloudかDropboxでの同期が一般的でした。専用ストレージということで個人的には汎用的なクラウドストレージより安心です。2重の暗号化もされるようですし。

また、Webアクセスも以前はDropboxで同期させていれば、DropboxのWebインターフェイスからアクセスするとWebインターフェイスが開けたのですが、最近なぜかうまく働かないのでこれは嬉しいです。

家族でのパスワード共有も現在は手段がなく行っていませんが、自分の身に何かあった場合のことを考えるとそろそろやっておいた方がいいかなと思い出しました。

では、デメリットは何でしょうか?

やはり毎月少額といえど支払いが発生するという心理的なハードルでしょうか。実際の価格を考えると年額で払えば、これまで毎年払っているアップグレード料金とさして変わりがありません。しかし、実質的には毎年同額払っているとしても、サブスクリプションという形で支払いが継続するというのは心理的には落ち着かないと感じる人もいるでしょう。

まとめ

個人的にはMac, iOSと使っているプラットフォームではすでに1Passwordを購入済みです。しかし、メリットが大きいので、9月になったらサブスクリプションに移行しようと思います。年初にバージョンアップしたばかりですが、6ヶ月のサブスクリプションが付いているのでいつもの支払いはいつものサイクルになりますし。

ただ、家族プランにするかどうかはちょっと考え中です。
うちは家族が3人しかいませんし、実質的に使うのはカミさんだけでしょう。共有したいパスワードは一部でしかありません。ただ、事あるごとにパスワードをなくして大騒ぎしてるカミさんに付き合わなくて良くなるかもしれない期待と、1Passwordを使わせても使いこなせないんじゃないかという疑念でしばらく悩んでみます。


Comments !