MacBook Pro 15の液晶の剥げ

MacBook Pro 15 Retina 2015 Early Model(以下、MBP15)の液晶のコーティングの剥げが酷かったので修理に出してましたが、無事返ってきました。

症状は?

最初は指の脂でもついたかなと拭いていたのですが、なかなか取れない。布で拭いても取れにくい。

そう思っていたら、段々と液晶周辺にも広がっていました。丁度Mac の開け閉めで触ってしまったりするので、掃除しないとなと思っていました。

しかし、いくら拭いても取れず、どうやら液晶のコーティングが剥がれてるようだと気がつきました。

確かに仕事で持ち歩くので、想定しない圧力がかかったりして、キーボード面と擦れたのかとも思いましたが、そもそもノートPCってもちあるくだろ!?

Retinaモデルは剥げやすい?

しかし、ネットで調べるとどうも初期のRetinaモデルはコーティングが剥げてしまう傾向があることがわかりました。

しかもアップルでは内部的に交換プログラムが通達されているらしいとの事です。

Apple will replace Retina displays on affected MacBook or MacBook Pro models for free within three years from the date of original purchase, or one year from October 16, 2015, whichever is longer. Affected customers that have already incurred out-of-warranty costs may be eligible for a refund through AppleCare support.

MacRumors:Apple Launches Quality Program for MacBook Pro Anti-Reflective Coating Issues

仕事で使っていたので中々修理に出せなかったのですが、会社支給のMacがやっと来てMBP15の業務使用をやめたので先日Appleに持ち込みました。経験的にサポートセンターに問い合わせるより、Apple StoreのGenious Barに行った方が早いので銀座まで行ってきました。

Genious Barでは、一目見るなり「あぁ、あの症状だ」と言う感じで、アルコールを含んだ薬品で拭いてないですか?と訊かれました。アルコールを含むものは、アルミボディにも良くないので使ってない旨答えると、液晶のハウジング丸ごと交換との事でした。

見積書には35,000円とありましたが、保障延長もしているので料金は無料でした。

Retinaの注意点

交換後にもやはり剥げやすく同じ症状が出るのかを聞いてみると、対策品かは内部でも不明との事でした。

ただRetinaの扱い上の注意点として、クリーナーなどは使ってはいけないそうです。私はアルコールは含んでませんが、ナナオのクリーナーを使ってました。

  • 指の脂などの汚れは放置しない。コーティングを痛めるそうです。
  • 拭くときはなるべく柔らかい生地の布で力を入れずに拭くこと
  • 汚れが取れにくい場合を真水で布を少し湿らせて拭く

などやはりコーティングが繊細なので、扱いには注意しろと言われました。

面倒なのでフィルム貼るかな。


Comments !