カランダッシュ ボールペン 849

ボールペンをなくしたようなので、カランダッシュのボールペンを購入しました。

カランダッシュボールペン 849

「849」シリーズは、カランダッシュのいわばオフィスラインといわれる実用を重視した“廉価ライン”です。

オフィスでの日常利用を想定した手頃なタイプで、基本的なデザインは「エクリドール」シリーズと同じく、六角形の軸(長さ128mm×直径9mm)の鉛筆のような形です。

ボディはアルミ合金製でラッカーコートがなされています。非常に軽いので、確かに廉価版って感じです。個人的にはもう少し太めがよいのですが、先日購入したミドリMDノートのヌメ革カバーに刺して使うにはちょうどよい細さです。

ノック式でさすがに数百円のボールペンより高級感のある感触です。ただし若干ペン先の戻りがうまくいかない場合あります。基本的に出すほうは問題ないので、わたしはあまり気にしないことにしました。

ゴリアット・リフィル

購入した時はブラックのFINEが入ってたようですが、少し太めのブルーにリフィルを変更しました。

変更前はペン先が書く際に少しぶれる傾向があったのですが、太めのリフィルに変更したせいかブレを感じることはなくなりました。

このゴリアット・リフィルの書き味が素晴らしいです。

伊東屋オンラインによると以下のような工夫があるそうです。

カランダッシュのゴリアット芯はインク軌道が5本あり、細分化してボールに送れるため、油性ボールペンにも関わらずインク溜りが起こりにくい特徴を持っています。

カランダッシュ 849ボールペン - 伊東屋オンラインストア

書くときに少し力は必要ですが昔ながらの粘性の高い油性インクをボールから紙に塗り付けていく感覚は、ジェットストリームのようなすらすら書ける最近のボールペンとはまた違ってよいものです。

基本的には普段万年筆で、急いでメモを取りたいときや外出時に外でメモる必要があるときしかボールペンは使わないのですが、ついこのペンで書きたくなります。

値段も手ごろで、シリーズでデザインも豊富なのでコレクションしたくなりますね。


Comments !