macOS Sierraクリーンインストール

やっと macOS Sierraがリリースされ配信が始まりました。

クリーンインストールの方法

自分への備忘録として書いておきます。

クリーンインストールの方法です。必要なファイルのバックアップなどは取得しておいてください。

  1. 普通にEl CapitanからSierraにアップグレードする
  2. iTunesの認証を切る
  3. 「Macを探す」のチェックを外して、iCloudをログオフする
  4. 一旦電源を切って、Command + Rを押しながら電源をオン
  5. OSが入ってる区画を消去(データのバックアップ取得済みかよく確認してください。)
  6. OSの再インストールを選択

主な変更点

今回主な変更点は以下のようなものです。

  • Siriを搭載
  • ユニバーサルクリップボード。Macでコピーした文書や画像などをiOS機器と連携可能
  • Apple WatchでMacのロック自動解除・自動ログイン -「デスクトップ」と「書類」にあるファイルがiCloudに保存しiOSと共有。
  • アプリケーションの複数のウインドウをまとめられる「タブ」
  • SafariやiTunesのビデオ再生画面を切り離す「ピクチャ・イン・ピクチャ」

今回あまり情報を追ってなかったのですが、興味があるのは赤字の機能でしょうか。

導入の際、iCloudに「書類」を保存するかと聞かれましたが、パンクすることがわかっているので今回はやめておきました。

ストレージをクラウドにという流れは自然かもしれませんが、これでiCloudの有料プランに入る人が増えるでしょうね。


Comments !