The Grand Tour

以前から楽しみにしていた、The Grand Tourのアマゾンでの配信が気がついたら始まっていました。

件の3人のモーターショー再開

ご存知の方も多いでしょうが、以前BBCで製作・放映されていた「Top Gear」の3人の司会者、ジェレミー・クラークソン(Jeremy Charles Robert Clarkson)、リチャード・ハモンド(Richard Mark Hammond)、ジェームス・メイ(James Daniel May)がBBCを飛び出してAmazon製作で始まったのがこの「The Grand Tour」です。

BBCの「Top Gear」は1977年からシリーズが続いている人気の番組で、初期の頃はごく常識的な自動車の批評が中心だったのが、ネット配信なので日本でも楽しめるようになった頃には過激な企画とジョークや皮肉混じりの批評で圧倒的な人気番組でした。

特にジェレミーの毒舌を吐きながらの試乗は楽しみでしたが、問題も多かったようです。

  • アジア人の侮蔑したとされる発言で、インド女優からBBCに対して訴訟をおこされる
  • パタゴニアでの撮影の際、フォークランド紛争を連想させる「H982 FKL」のナンバープレートをつけたことが批判の的となり、アルゼンチンの退役軍人の暴徒に襲撃され国外退去。アルゼンチン大使から抗議も。
  • プロデューサーの一人への暴力事件

特に最後の問題でそれ以前からの騒動も含めて問題となり、ジェレミーは番組降板となりました。その後、他の二人も契約解除となりました。

そこに目をつけたのがAmazon.com で、プライム会員向けの新しいコンテンツとして3人を招き「The Grand Tour」の製作発表がなされていました。番組名も「Top Gear (TG)」から「The Grand Tour(GT)」と皮肉っているのでしょうか。

これはもう「Top Gear」そのもの

早速シーズン1の第1話を見てみました。

「The Grand Tour」ではスタジオを出て、テントで移動式のスタジオを組んで世界各国を回るようです。初回はカリフォルニアの砂漠。

冒頭は砂漠を疾走する数十台の車を塗って、3台のスポーツカーに乗った3人が登場するというド派手なオープニングです。

最初の企画はマクラーレン P1、ポルシェ 918、ラ・フェラーリの3台のスーパーハイブリッド・スポーツカーを並べて、その優劣を競うというもの。この特集は圧巻で、この3人の番組でしか見れない豪華な車のラインナップです。日本のお上品なカー・グラフィックTVなどと違って、公道でもサーキットでも数千万するスーパーカーをタイヤから白煙が出るくらい飛ばしてドラフトしまくってます。

そして、相変わらずの毒舌、ジョーク、皮肉、下ネタです。

また「Top Gear」時代には飛行場をテストコースとして使っていましたが、今回はこの番組専用のテストコースを作ってしまったようです。このあたりのお金の掛け方がすごいですね。

今回一番笑ったのが、スーパーハイブリッド・スポーツカーのコーナーの冒頭でジェレミーがハイブリッドについて話そうとプリウスの写真が出てきた瞬間に観客から嘲笑とブーイングが起こったことです。まぁ、この番組本ファンはよくわかってらっしゃる。

これから、Amazonプライム会員向けに複数シーズンに渡ってこの「The Grand Tour」が続くそうなので、配信が楽しみです。


Comments !