ライドシェアサービス 「Notteco」を使ってみた

年末に出張&帰省で大阪に行ったので帰りに、Nottecoを使ってみました。

Nottecoとは

Nottecoとは、自動車移動のときに相乗り相手を探すサービスです。最近はこういうサービスを「ライドシェア」と呼ぶらしいです。

ライドシェアサービスの形態としては2種類あり、燃料代・高速道路代に応じた割り勘という料金形態をとるコストシェア型と、タクシーと同様に乗車距離に連動した賃金のやり取りをするオンデマンド配車型があります。

オンデマンド配車型ではUberが有名ですね。

コストシェア型はドライバーがプロでなく実費を割り勘するというスタイルで、Nottecoはこの種のサービスになります。

ドライバーの相乗り募集と相乗り希望者のドライバー募集両方の掲示板があり、相互に自分の条件にあった相手を探して、相乗りをさせてもらい実費の割り勘文を謝礼としてドライバーに支払うというスタイルです。

利用方法

Nottecoのサービスを利用するには、ドライバーも利用者も登録時に個人を証明する免許証などの登録が必要になります。直接これらの情報がユーザー間に開示されることはありませんが、サービス側には個人が特定され把握されているということで、ユーザーの安心につながっています。

ログインすると、ドライバーの相乗り募集と相乗り希望者のドライバー募集両方の掲示板があります。

今回は相乗りさせてもらうために、ドライバーの相乗り募集を見てみました。

相乗りしたい区間を指定して、同じ区間でドライバーの相乗り募集を一覧することができます。

募集には、ドライブする区間、日程、募集枠、一人当たりの謝礼額、ドライブの目的、持ち込める荷物の大きさなどが提示されています。また、ドライバーの愛車のモデルや年式、ドライバーの過去の評価なども掲載されています。同乗者がいる場合は同乗者のユーザーも示されています。

いくつかの候補から日程や条件で絞り、掲示板からメッセージのやりとりができるので条件を詰めていきます。最終的に条件が合意できれば依頼ボタンを押して正式に依頼をします。ドライバーが承認すれば相乗りが成立です。

私が選んだのは、大阪から千葉に帰省される会社員の方でまだ新車同然のVWのパサードでした。日時と行き先が自宅にも近く、車も座席に余裕がありそうなので選びました。

同乗者の方が一名いらっしゃり、おそらくドライバーも含めた割り勘の金額だと思いますが、謝礼は5,500円でした。

新幹線代の半額以下ですね。どんなサービスか興味があったので利用したのですが、お金的には助かりました。

何よりたまたま自宅近くまでの帰省だったので、最寄駅の近くまで送っていただき助かりました。

利用してみて

今回ドライバーの方も感じ良い方で同乗者の方とも適度のおしゃべりをして過ごし快適に過ごせました。深夜のドライブなので「寝てください」とのことだったので甘えて少し眠らせてもらいました。

年末でしたが渋滞もなく7時間程度で千葉まで戻ってくることができ、思ったよりも早くつけました。運転も安全運転で安心できました。

全く不安なところや不快に思う部分はありませんでした。

このサービスは「実費の割り勘」というところが重要で、これを逸脱するといわゆる「白タク」状態になってしまい道路運送法第78条規定に反してしまうことになります。

第 78 条 自家用自動車(事業用自動車以外の自動車をいう。)は、次に掲げる場合を除き、有償で運送の用に供してはならない。

道路運送法

また、区間からシステムが割り出した上限額が設定されるようなので、ドライバーにより極端に高い設定もないので、利用者は料金的(謝礼というべきか)には安心できます。

どちらかというと単身で実家まで移動することが多いので、その際にドライバーの立場からどなたか同乗していただけて幾らかでも負担いただけるのであれば私もやってみようかなと思います。


Comments !