もうイヤン! ペヤング酸辣MAX!

千葉モノレールの売店で、売れ残り感漂う「ペヤング酸辣MAX」を発見したので早速購入しました。

調理!

普通のペヤングの同じです。カヤクをぶちまけてお湯を入れて3分。

パッケージをよく見ると、「極限的酸味」とかいかにも日本人が考えた中華風の煽りがヤバいです。

ちょっと赤みがかったソースはなんだか危険な香りがしますが、湯切りをしてソースをかけます。最初はごま油っぽい香りがして「うん? これで酸辣?」と思っていたのもつかの間、麺の熱で温まったソースからむせるような酸味の効いた香りが……

むせるようなじゃなくて、むせました。

食す!

最初の一口は酸味が強くとマジむせました。

気を取り直して、慎重に口に運ぶと、確かに酸味が非常に強く酢の味が強いです。でも、最初に感じたゴマ油のいい香りもしていて、しっかり旨味があります。

酸味→旨味、その後には辛さです。結構辛いです。

おー、確かに「酸辣」じゃん!これ!!

何かをトッピングに入れれば結構いける気がします。

関連リンク


Comments !