椿森コムナに行ってきた

千葉公園の近くになる椿森コムナに行ってきました。

椿森コムナとは

拓匠開発がプロデュースするコミュニティシェアスペースです。

JR千葉駅徒歩9分、美しい千葉公園の目の前の住宅街に残された小さな森。その小さな森にツリーハウス、タイニーハウス(小屋)、エアストリーム(キッチンカー)を集め、コミュニティシェアスペースをオープンしました。

ちなみに「コムナ」とはエスペラント語で「common(共有)」という意味らしいです。

中の様子は

まずツリーハウスが目につきます。

まぁ、3つのハウスが重なっていて、多けりゃいいってもんじゃない気もします。

常設のカフェはバンビです。 銀色のトレーナーで営業しています。

この日は他にカレー屋さんとクレープ屋さん、ヘナ染め、炭火焼が店舗を構えていました。

炭火焼はこんな感じです。

二度と行きません

さて、入って2分で気分が悪くなって出てきてしまいました。

入った途端、炭火焼の煙がもうもうとあたりに漂っています。見るとアルコールも出しています。一方でツリーハウスもあるので子供もたくさんいます。そして、どの店が鳴らしていたのかわかりませんが、祭囃子が大音量でずっとなっています。

子供に危険はないのか? アルコール出しているけどいいの? ツリーハウスとか大丈夫なのか? うるせーな、ガキも祭囃子も! 高い! チャイで400円とか

などいろんなことが頭を過って、駅前のカフェでお茶した方が絶対に無難です。だいたい座るところも満足にない。

はい、二度と行きませんよ。

関連リンク


Comments !