ニュルブルクリンク24時間レース、SUBARU WRX STIはリタイヤ

今年の3連覇をかけたニュルブルクリング24時間レースは、21時間でWRX STIはトラブルにより炎上しリタイアとなりました。

ドライバーに怪我がなかったことがせめてもの救いです。もうチームは来年に向けてトラブルの原因究明に入っていると思います。

12時35分 日曜日12時半を過ぎた時点で幕切れは突然にやってきました。シュリックからステアリングを受けついだヴァンダムがグランプリコースを走行中、突然エンジン房内から炎が上がり、彼はレースカーを停車。ヴァンダムが脱出したのち、オフィシャルによって火災は鎮火されました。これによって走行は不可能となり、本年のSUBARU / STI NBRチャレンジはこの時点で終了となりました。ドライバーのヴァンダムには怪我はありません。原因は車両が日本に戻ってから究明されることでしょう。夜を徹してご声援をお送りいただいたお客様には、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

STI NBR CHALLENGE 2017特別サイト


Comments !