単眼鏡 Monocular I の勧め

昨日、レッドブル・エアレース観戦の時に必要かなとオリンパスの単眼鏡Monocular Iを購入しました。

非常に使い勝手がよかったので紹介します。

見た目はダサい

最初は「単眼鏡」らしいVixenのマルチモノキュラー4×12を予定していました。

色々調べていると、ピントが合いにくいとか、画像がクリアではないと言う意見の方が多く、ニコンを勧めている方が多かったので迷いました。ニコンの単眼鏡はVixenの3倍以上の価格なので二の足を踏んでいるところに見つけたのが、Monocular Iです。

単眼鏡っぽくなく、変わったデザインです。女性を意識してデザインしたようですが、安いハンディプロジェクターのようです。はっきり言うとダサいです。

しかし、評価も高く、また防水性能もあると言うこと、価格も妥当なので、購入しました。

パッケージには、本体とストラップ、ソフトケースが付いています。本体はびっくりするほどコンパクトで、非常に軽いです。ソフトケースはちょっとした汚れを拭けるような素材です。ストラップをつけると、首からぶら下げることもできるのでその軽量さと相まって気軽にどこにでも持っていけます。

驚きの視界

さて、覗いてみると非常に明るいので驚かされます。

レッドブル・エアレースの前に、大きな会場で実施されたセミナーで使っていました。レンズが非常に明るいので、照明を落とした会場でプロジェクターが暗い場合でもこのMonocular Iであればあまり苦になりません。

また、解像度も非常に高いので細かい字もよく見えますし、遠く風景もかなり再現性が高いです。

何よりスライド式のピント合わせは、片手でも扱いやすくレンズの視野が広いこともあってピント合わせはとても楽です。

オリンパスにあまり双眼鏡・単眼鏡と言うイメージはなかったのですが、質の高いレンズでコストパフォーマンスは非常に良いです。

これだけ軽いと常時携帯しても良いのでは?と思い始めています。


Comments !