JALの国内線ファーストクラスを使ってみました

実家の家族の入院サポートで飛行機で帰省したのですが、折角なのでJALのファーストクラスを利用してみました。

空港でもプレミアム感は半端ない

今回初めての利用でしたが、プレミアム感が半端ないです。

まず、保安検査場ですが、羽田空港ではファーストクラスだけその他のクラスとは入り口から違います。

ファーストクラス専用の保安検査場に行くと、落ち着いた感じの受付があり丁寧に案内していただけます。PCの取り出しなどもスペースがあるためゆっくりと行うことができます。

そして、保安検査場を通り過ぎると、そのままJALのラウンジのカウンターに直結しているのです。そこではサクララウンジとダイアモンド・プレミア・ラウンジの受付がなされていますが、ファーストクラスだとダイアモンド・プレミア・ラウンジが使用できます。

ダイアモンド・プレミア・ラウンジ

ラウンジ内はとても広くて落ち着いています。利用者も限定されるので、人も少ないです。中では、ビール、ウィスキー、トマトジュース、牛乳、コーヒー、紅茶などいただけます。また、羽田空港では国際線で出しているというカレーを詰め込んだカレーパンがサービスされています。おにぎりも常に2種類置いてあります。

著名人の方も利用している方がたくさんいらっしゃいました。

機内も当然プレミアム!

さて、搭乗もプレボーディングの方の次に入場できます。

JALではファーストクラスの座席は前部なので、乗り込むとすぐに自分の席です。座席は本当にゆったりです。座ると、座席にはすでにタオルケットが置かれていて、枕が必要か聞かれます。

そして「飲み物は何にいたしましょう」です。

くーっ、時間があれば全部飲みたい。ここは出羽桜 一路をお願いしてきます。

離陸して安定飛行に入ると、すぐに料理が提供されます。

正直国内ですぐに着陸に入ってしまうので、結構焦って食べなければなりません。つい、お酒の方を優先して何杯もおかわりしてしまったので最後は少し残してしまいましたが、日本酒とよく合う美味しいお料理でした。

お高いの?

路線によると思いますが東京-大阪間だと、早割とかを使うと6〜8千円程度の違いです。

チェックインからゆったりできて、席も広くて非常に楽です。食事時に合わせて乗れば、一食分浮くことになります。

そして、何より私のように呑んべいだと、それなりに元が取れるように思います。

本当にファーストクラスを使う方は、そんなこと考えもしないんでしょうけれど。


Comments !