東京モーターショー2017

今週木曜日にお客様のご好意で東京モーターショーのプレミアムデーのチケットをいただいたので、 一緒に見にいって来ました。ゆったり見て回ることができました。

スバルブース

スバルブースのコンセプトモデルの VIZIVが華々しく展示していあり、 その横には限定車のS208が展示してありました。

S208はハンドルにパドルがあり、インナークーラに冷却用の水を噴霧できるように なっています。まるでレース車ですね。手動なのは、レースでは専用のECU を使っているのでしょうが、流石に市販車ではそこまでできなかったのでしょう。パドルが、 レヴォーグのシフトパドルを同じなのはご愛嬌です。

そして、VIZIV。

他のメーカーのコンセプトモデルほ、いつ市販されるかわからないような 未来的なEV車です。が、VIZVはぱっかりとターボ用のバルジが開いており、明らかにレシプロエンジンを 想定しているのが見て取れます。

この辺りの割り切りが好きです。

(この時は検査の問題は発覚していないかったです)

全体として

プレミアムデーのため入場者が少なかったこともあるかもしれませんが、なんとなく全体的に華やかさにかける印象はありました。

今回の東京モーターショーでのワールドプレミアムは、コンセプトカーを除くとトヨタの新型センチュリー、スズキのクロスビーくらいではないでしょうか? 寂しい限りです。

海外のメーカーも展示が減った気がします。

だんだん世界的に見ても日本は重要なマーケットではなくなっているんでしょうね。

Comments !