ゼンパスタを食す

イタリアで大人気とか言うゼンパスタを食べて見ました。

ゼンパスタとは

イタリアで2年ほど前から人気らしいです。

まぁ、早い話、乾燥しらたきですね。

ゼンパスタ社の社長の奥さんが日本人で、奥さんの母親が日本から荷物を 送る際に隙間埋めのために乾燥しらたきを詰めていたら、それ見て閃いちゃった んでしょうね。日本のメーカーを訪れて独占販売権を買っちゃったらしいです。

ゼンパスタの由来も「禅パスタ」だそうです。日本っぽい響きなんだそうです。

茹でて、普通にパスタとして使うんだそうです。

何より「しらたき」なんで、カロリーは劇的に低いです。私が買った商品だと、 湯戻しして60gで28Kcalでした。普通のパスタだと90Kcalくらいですから、約 1/3程度です。

早速調理してみました

ゼンパスタは茹でる前は、本当に乾燥しらたきって感じです。

私が購入したのはインドネシアものだったので、もしかすると本物と違うのかも しれませんが、20gずつ小分けに切れるようなっています。これが茹でると60g 程度になります。

茹でる前のゼンパスタ

今回はカルボナーラを作って見ました。

ゼンパスタで作ったカルボナーラ

面倒なので、キューピーのパスタソースをかけて半熟卵を落としただけです。

ゼンパスタ自体、こんにゃくにありがちが臭みが全くないので普通にいただけます。 食感も歯ごたえがしっかりあるので、不味くはいないです。縮れているので、 ソースがよく絡んで美味しいくらいです。

ただ、一本一本が短いのでパスタを啜る醍醐味は薄いかなと言う感じです。

食事を軽く済ませたい時など便利そうです。日持ちもするので、ストックしておきま しょう。

普通の乾燥しらたきでいいんじゃないかって気もしますが。


Comments !