キーボードブリッジ HHKB専用

「HHKB 20周年記念ユーザーミートアップ」での記事

昨年Happy Hacking Keyboardが20周年だったそうで、そう言えば私自身も息子 が生まれる前に初代を購入し、その息子が成人した今も使い続けているので 20年使ってることになります。

そして、昨年20周年イベントがあったというのを以前Web記事 [cite01] で読みました。

そこで次のようなやりとりがなされていたのを思い出しました。

[来場者]:私はMacbookと一緒にHHKBを使っているのですが、Macbookのキーボードの 上にHHKBを載せると、端子が画面に当たったり、ケーブルが長すぎたりして、 なんだかしっくりこないんです。 でもアクセサリーなら、Macbookにビシっと合うようなものが作れると思うので、 是非ご検討いただきたいです。

[斉藤氏]:それもわりとすぐ作れますね。

この「斎藤氏」というのは、 バード電子 の 社長の斎藤氏とのことです。

そして、本当に製品化しちゃったみたいです。

ただのアクリル板のようだが

そして、買ってしまいました。

ただのアクリル板のようですが、Macbook Airにぴったりです。

Karabiner-Elementsを使って キーをHappy Hacking Keyboardを接続した時だけ本体のキーボードを無効化できているので、既に Macbook Airのキーボードの上にHappy Hacking Keyboardの乗っけて使っていたのですが、 やはり本体のキーが痛まないか心配です。

このキーボードブリッジを使うと、こんな風にキーボードを覆ってくれます。

Keyboard Bridge

キーボードブリッジ

Macbook Airにぴったりです。ちょうどタッチパッド部分が抉られていて、キーを 載せてもタッチパッドを使うこともできるようになっています。

私はこんな感じで使っています。

こんな感じで使ってる

キーボードブリッジの使い方

Happy Hacking Keyboard BTは高さがあるのと、不用意にタッチパッドを触らないよう パームレストを置いています。これもバード電子製です。

キーボードの上に直接置いていた時は、位置によってやっぱりガタつきが出ていました が、キーボードブリッジを置くことでちょうどMacbook Airのキーボード部分のざくり に板を渡す形になり非常に安定します。なおかつ、Macbook Air本体のキーボード 自体には全く押圧がかからないので安心して使えるようになりました。

ただの板なんですがね。


[cite01]「HHKB 20周年記念ユーザーミートアップ」イベントレポート

Comments !