ハズキルーペを購入してみた

ハズキルーペとは

ハズキルーペとは眼鏡形状のルーペです。

石坂浩二氏や、渡辺謙さん、菊川怜さんなどのCMが結構流れていたので、 なんとなく名前を聞いたことがある方も多いと思います。

特徴は、なんといっても以下の2点だと思います。

  1. ルーペといってもいわゆる虫眼鏡ではなくメガネ型の拡大鏡である
  2. 90Kgの荷重でも大丈夫な耐久性と、3年新品交換保証や10年レンズ保証など安心して使える。

メガネ型にしたことで、虫眼鏡型と違い両手が自由なので作業中常時着用でき、 安定して見やすい視角を得ることが可能となりました。これにより従来の虫眼鏡 では考えられないくらい活用範囲が広がっています。

普通の眼鏡と違って眼鏡に重ね掛けできる形状であることも、適用の範囲を 大きく広げる結果となっていると思います。

また、高い耐久性とそれを支える手厚い保証も使う上での安心材料です。

老眼鏡を使うようになって最初に困ったのは、着け外しが多いのでどこに置いたか 忘れてしまい、机から落としてしまったり踏んでしまったり眼鏡を壊してしまう ことが結構ありました。荷重90Kgまで大丈夫であれば、こういったシーンでも 大丈夫かもしれませんし、保証もあると安心感があります。

なぜハズキループか?

ハズキループは近所の薬局でたまたま見かけて興味を持って、「なんかすごい 売れてるぞ」ということで買ってしまいました。

そもそもルーペと老眼鏡で何が違うんだ? とよくわかっていなかったのですが、 違いは以下です。

  1. 老眼鏡は近くに焦点を合わせるのをサポートしてくれる
  2. ルーペは対象を拡大して見せてくれるもの

最近はPCを使う場合、一番軽い老眼鏡を使うことが多くなってきました。焦点は それで合うのですが、それでもやっぱり細かい字は見えにくくなっていました。 老眼鏡との違いをあまり認識しないまま、老眼鏡+拡大してくれるなら楽かなぁ と思い購入しました。

ハズキルーペで見やすくなったか?

本来であれば、老眼なので焦点を合わせてくれる老眼鏡と、字を拡大してくれる ハズキルーペとを重ねて使うべきなのかもしれません。

実際使ってみると、結局ルーペも老眼鏡も凸レンズで多少同じような効果があるのか 、私の場合は老眼鏡+ハズキルーペだと矯正が強過ぎて逆に見えにくく感じました。 ハズキルーペだけを装着してPCを使うとちょうど焦点が合っているのか、非常に 見やすく感じます。

焦点も裸眼よりは合っていますし、1.32倍とは言え文字が拡大されているので 読みやすさは格段に上がります。それに応じて目の疲れも老眼鏡より負担が少ない 感じがしています。レンズの精度感も素晴らしく、左右のレンズの区切りもないため 視角がクリアで非常に見やすいです。

レンズもカラーレンズでブルーカラーを55%カットしてくれるので、長い時間 作業するのも安心です。

複数のハズキルーペを購入してしまいそうな予感

こんなに見やすいのであればと、買い足したくなりました。

まず、今回は「コンパクト」というモデルを購入しましたが、 自宅であれば「ラージ」のほうが視界が広そうですし、携帯するならよりコンパクトな 「クール」というモデルを併用するのもよさそうです。

また倍率も、今回はPC作業が中心なので1.32倍を購入しましたが、読書用に 1.6倍も欲しくなってきました。楽譜など読むときは1.85倍がベターかも しれません。

完全に老眼鏡に置き換わる訳ではありませんが、場合によってはハズキルーペのほうが 見やすいシーンも多く、老眼鏡と併用もできます。「もう老眼鏡あるから大丈夫だぜ」 という人も一度試してみるとよいかと思います。