Subaru Inspection Scandal

日産から始まった無資格の技術者による検査ですが、スバルでも30年以上も行われていたことがわかりました。

うちの車、まだ一度も車検を受けていないんでリコール対象ですか? え、どうなるんですか?

SUBARU(スバル)は27日、車両の完成検査ができる資格が与えられる前の従業員が車両の完成検査に携わっていたと発表した。国への届け出と異なる状態での検査態勢は30年以上続いてきたという。 無資格検査の発覚は日産自動車に続いて2社目で、スバルでは対象車両のリコールを検討している。

スバルによると、同社が国土交通省に提出する規定では完成検査員の筆記試験に合格した作業員が車両を市場に出す直前に行う完成検査を実施することになっていたが、実際は現場の管理職が検査に必要な知識や技能を身に着けたと認定した者を監視の下で検査業務に従事させていた。印章の貸与も行っていたという。30日に国交省に報告したあと対象車のリコールを検討。対象は国内ラインで流れる全車種で台数は約25万5000台、費用は50億円強と推測している。

スバル、完成車の無資格検査が発覚、今日にも発表の可能性 - Bloomberg

関連リンク


Other articles