中村ロゴゴ94書体と中村ロゴシ74書体

カテゴリ:  Tech  タグ:  font
/images/2020/05/nakamura-logogo.png

先日購入した中村角ゴ特太が気に入ったので、中村書体室から新たにフォントを買い足しました。

中村ロゴゴ94 はその名の通りにロゴに向いたフォントのようです。ロウディやキルゴほど 崩されていませんが動画のタイトルに合いそうです。

中村ロゴシ74のほうはロゴゴに比べると、細みのフォントです。デザインは似た感じですが、 本文やキャプションに使用してもよい雰囲気です。


続きを読む 

Homebrewの自動アップグレード

カテゴリ:  Tech  タグ:  homebrew mac software
/images/2020/05/homebrew-upgrade.jpg

Homebrew は macOSを対象とした パッケージ管理ツールです。

パッケージをHomebrewで導入しようとしたとき、Homebrewのアップグレード自体に時間が掛ってしまうことがよくあるので、定期的に自動実行するようにしました。

"~/Library/LaunchAgents/" に localhost-homebrew-upgrade.plist という名前で以下のようなファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>Label</key>
    <string>localhost.homebrew-upgrade</string>
    <key>ProcessType</key>
    <string>Background</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
        <string>/bin/sh</string>
        <string>-c</string>
        <string>/usr/local/bin/brew upgrade --cleanup && /usr/local/bin/terminal-notifier -title 'Homebrew Upgrader' -message 'Homebrew has been upgraded.'</string>
    </array>
    <key>RunAtLoad</key>
    <true/>
    <key>StandardErrorPath</key>
    <string>/tmp/localhost.homebrew-upgrade.stderr</string>
    <key>StandardOutPath</key>
    <string>/tmp/localhost.homebrew-upgrade.stdout</string>
    <key>StartCalendarInterval</key>
    <dict>
        <key>Hour</key>
        <integer>8</integer>
    </dict>
</dict>
</plist>

これは launchd で自動実行させるための定義です。8時間ごとに brew upgrade --cleanup を 実行するようになります。

内部で terminal-notifier と言うパッケージを利用しているので、 terminal-notifierを 導入後に launchd に登録します。

$ brew install terminal-notifier
$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/localhost.homebrew-upgrade.plist

これで 8時間ごとにHomebrewがアップグレードされます。 アップグレードが走ると以下のような通知が、macOS上に表示されます。

Homebrew Upgrade通知

Homebrew Upgrade通知

これでbrewコマンドを叩く度に待たされることは減るでしょう。

1Password コマンドライン・インターフェイス

カテゴリ:  Tech  タグ:  1password security software
/images/encryption.jpg

1Password CLIとは

2年半もの間パブリック・ベータテストを行なっていた1Passwordの コマンドライン・インターフェイスが正式版となっていたので、試してみました。

1Password 自体は Macでは定番のパスワード管理ツールで、 現在はWindows, Linux, BSD, iOS, Androidと主要なプラットフォームで稼動しています。 これらの情報は強力な暗号化で保護されクラウド上で管理されるので、 どのプラットフォームからでも自分の管理する情報にアクセスできます。

私も自分自身のあらゆるサイトの認証情報、クレジットカード情報、銀行講座の情報を すべて1Passwordで管理しています。これがないと、生きていけないです。

いずれのプラットフォームでも1PasswordはGUIアプリとして提供されていますが、コマンドライン から制御したいというニーズもあるのでしょう。1Password CLIは、コマンドラインから、これらの 情報を操作できるようになります。


続きを読む 

Bose QuietComfort 35 II のイヤークッション交換

カテゴリ:  Gadget  タグ:  bose headphone
Bose QuietComfort 35 II

愛用しているBose QuietComfort 35 II(以下、QC35II) のイヤーカップが破れてしまったので、 イヤークッションごと交換しました。


続きを読む 

[スプラトゥーン2] 10ヶ月ぶりのリバイバル・フェス

カテゴリ:  Entertainment  タグ:  game splatoon2
/images/2020/05/splafest.jpg

この週末は10ヶ月ぶりのスプラトゥーン2のフェスを楽しみました。もう、 開催されないものと思っていたので感無量です。


続きを読む 

Kershawの爪切り

カテゴリ:  Gadget  タグ:  grooming health

これは何でしょう?

Kershawの爪切り

Kershawの爪切り

これは貝印の爪切りです。

極小の爪切り

小さな一枚の金属板にしかみえませんが、これは立派な爪切りです。

日本製らしく緻密に金属加工され巧みに組合された部品で、完全な板状に収まっています。 厚さは3.5mmしかありません。

ところが開くと、ちゃんとした爪切りになります。

Kershawの爪切り

Kershawの爪切り

小さいながら、使いにくさはあまり感じられません。切れ味は非常にするどく、 ほぼ抵抗なく爪が切れていきます。普通の爪切りだと切った時に爪が飛び散りますが、 この爪切りは刃が鋭いため爪が飛び散らず切られた状態で爪が刃の裏に残るほどです。

「爪を切りたい」と思ったときは、すぐに切りたい人なので携帯に丁度よいこの 爪切りは大変重宝しそうです。

「Kershaw」は貝印株式会社の米国法人が展開するポケットナイフのブランドだそうです。

山桜のキーボードレスト

カテゴリ:  Gadget  タグ:  happy hacking keyboard keyboard

気が向いたので、キーボード用のパームレストを新調しました。

材木屋さんでは、材木から選んでサイズと仕上げを指定し1本から注文できるので、 既成のパームレストを購入するよりも満足感が高いです。


続きを読む 

オープンソースのシンプルなアイコン Feather

カテゴリ:  Tech  タグ:  blogging icon

Feather - Simple Beautiful Open Souce Icon

いつも読ませていただいている Konamikanさんの「 unsweetsを3にした 」の記事で紹介されていたオープンソースのアイコン Feather を Font Awesomeに替えてこのブログに 適用してみました。

こんな感じになっているはずです。

Featherアイコン

Feather アイコン

確かに、シンプルでいい感じです。


続きを読む 

読了『えっ! わたしだけの学校?』

カテゴリ:  Entertainment  タグ:  books

Aマッソ の加納さんがYouTubeで紹介していた絵本『 えっ! わたしだけの学校? 』を読みました。

Title: えっ! わたしだけの学校?
Author: 劉旭恭
ISBN-13: 978-4406062770
ISBN-10: 4406062777

続きを読む 

Nikola で Deployを自動化

カテゴリ:  Tech  タグ:  blogging nikola
/images/nikola.jpg

Nikolaは、 "User Friendly CLI"として、コマンドラインでのインターフェイスを重視して います。

そのため多くのコマンドが用意されていますが、記事を執筆した場合にソースの保管からHTML 生成して公開までの手順についても、Deployコマンドとして自動実行することができます。


続きを読む