Contact Sync for Google Gmail

SpanningSyncは製品の終了がアナウンスされたので昨年くらいからGmailのコンタクトとMacの連絡先の同期を放置していたが、昨年GoogleがGmailの連絡先をCardDAVに対応させ、Google Syncのサービスが終わるので、ちょっと対応を考えてみた。

わたしの必要な同期は、Gmail - Mac - iOSで、MacとiOS端末はそれぞれ2台だ。以前はSpanningSyncを使って連絡先も同期させていた。つまり、Macを中心にしてiOSとMacはiTunesやiCloudで同期させ、Gmail - MacをSpanningSyncで同期させるという方法。

一番簡単なのは Gmailが対応した CardDAVを使用することだが、この方法の問題は、

  • Mac上ではReferしている連絡先になるため、iCloudに同期できない?(と思う) これにより iCloudのWebインターフェイスからは使用できなくなる
  • グループは同期できない

などなど、いくつか問題があり、もっとも問題なのはこの方法だとGmailのContactがマスターになってしまうこと。そう割り切ってしまうのもアリだと思うが、今までの運用と大きく変わるので不安がある。

しばらく、SpanningSyncを運用し続けるということも考えたが、それだけのために常駐させるのも面倒くさい。が、その部分だけ代用アプリを見つけるというのが、一番運用の変更もなくリスクが低い。で、見つけたのがこの Contact Sync for Google Gmail Contacts Sync For Google Gmail 。

このアプリで気に入ってるのは、同期かどちらか一方向のコピーかを選べるところ、常駐せずに都度マニュアルで同期できるところ。同期させるときは、GmailのContactをGmail上で全部削除してこのアプリを使ってMac -> Gmailの一方向でコピーするようにしている。(同期ソフトなんか信じてないんだ)

あまり期待していなかったけれど、グループもきちんと再現される。一番驚いたのは、読みかなにも対応してきちんと同期してくれる。なかなか頼もしい。


Comments !