コピペとか言ってる人って何なの?死ぬの?

タイトルは自動生成なのであんまり意味ありません。最近いくつかMacのコピペ用アプリを入れてみたので紹介しましょう。

意外にもMacユーザーはWindowsよりもショートカットを多用します。伝統的にはCommandキーとの組み合わせが多いのですが、OS Xになってからはエディタ系はEmacsのCtrlキーとの組み合わせも入ってきました。コピペ系はどっちらにもあるのですが、汎用的にどのアプリでも使用できるのは Commandキーとの組み合わせです。ですが、Ctrlキーに比べると若干タイプしにくいです。 これらのアプリはそんなちょっとした不満を解消してくれました。

PopClip

PopClipはiOSと同じような操作感をMacで実現するアプリケーションです。常駐させてテキストなどを選択すると、iOSのようにコピーのポップアップが表示されクリックで内容がコピーされます。次に、マウスでカーソルを移動させるとペーストのメニューが表示されます。例えば、Webを閲覧しながら、ブログのネタを収集するような時はとっても便利です。

DropShelf

こちらはドラッグ&ドロップでのとりあえずの置き場所をデスクトップの端に用意してくれるアプリです。

Path FinderのDrop Stackのようなものですね。

ファイルのドラッグだけでなく、テキストや画像のドラッグにも対応します。テキストの場合、一旦この棚に置いて、エディタなどにドラッグすればペーストされますし、そのままデスクトップなどにドラッグすればテキスト文書としてファイル化されます。

Webを閲覧していてちょっと残しておきたい文章などを簡単にファイルに書き出せるので重宝しています。


Comments !