プリアンプの妄想

今日壊れたパイオニアのプリメインアンプを修理に出したところだが、なにせ15年近く前の製品だけに部品がないとかし修理費用が高いとか修理をあきらめようという事態が想定される訳で、次のアンプどうしようという妄想をしてみました。

プリメインアンプに求める要件

プリメインアンプに求める要件を考えてみました。

  1. 価格的には8万円以下に押さえたい。上を見るときりがない世界なので。
  2. それほど大きなスピーカーはならさない
  3. 単機能でよい。これはDACに発展させる可能性があるため。ラインセレクターなどは別途購入してもよい。

プリメインアンプの購入候補

SAYA Pure Speed SP192DT

SAYAという千葉の船橋にある会社の製品です。オーディオメーカーという訳でなく、電子機器の設計をやっていたようです。最近オーディオ機器に参入したようです。主観的、情緒的な評価が横行するオーディオの世界に科学的なアプローチで挑んでいる姿勢に共感しました。

SP192DTは手のひらサイズながら45W+45W(8Ω)と大パワー、一方で消費電力が6Wと非常に省電力です。ClassDアンプとしてはかなりいい音を出すらしいので。実勢価格は5万前後。

Carot One Ernestolo

最近話題のイタリアのメーカー。

もう見た目で惚れてしまったアンプ。

何と言ってもプリアンプ部に真空管を使ってるのが特徴。またメインアンプはデジタルですが完全にプリアンプと独立した設計になっています。オレンジのボディーも物欲を誘う。

Olasonic NANOCOMPO NANO-UA1

4月後半発売予定のコンパクトなアンプ。

これも日本のメーカーでまじめに電子機器を扱っていた会社。この製品はDACもついていてこの価格で、デザインもシンプルでかなり気になります。

TEAC AI-501DA

ティアックのプリメインアンプ。

実勢8万前後なので上限かな。アナログメーターを配したパネルはクラシカルですが、DACを内蔵しているのでPCを直接接続可能です。

その他

オンキョーやパイオニアのアンプも気になります。


Comments !