富士重工「国内最小」なのに強い……はほんとか?

福田俊之……という経済ジャーナリストの意見を参考に書かれた記事だが、なんだか全然分かってない感じ。この人、トヨタなど自動車会社とリレーションがあるらしく時々こういう記事書く。が、記事もタイムリーでなくどこかの記事を焼き直したような記事が多く、自動車についてはほとんど知識も愛情もなくググッて調べました的な記事でがっかりです。

高い収益基盤を支えているのは、世界販売の約半分を占めるアメリカでの人気です。『レガシィ』や『フォレスター』など主力車には根強いファンが多く、日本国内でも熱烈なスバルファンのことを“スバリスト”と俗称で呼んだりします

世界でスバリスト急増 富士重工「国内最小」なのに強い理由 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

アメリカの好みに合わせれ合わせるほど、この国内のスバリストって人たちはどんどん少なくなってるんだが。中島飛行機→航空機で培った技術とか言うなら、日産だってもともと中島飛行機から別れた会社の血も入ってる。ホンダなんて飛行機作って売ってる。自動車産業ってのはそういうものだ。軽量で耐久性の高い水平対向エンジンなんてのも、根拠のない適当な言い回しだ。

なんだかイラっと来ました。


Comments !