Eye-Fi Mobi

Pentax Q7がサポートしていることもあり、カメラ購入時にSDカードにEye-Fiを購入していました。

以前のEye-Fiのカードや現行の上級モデルのPRO X2など便利そうですが、どうも設定面倒くさそうだし使い方がピンと来ませんでした。それで全く敬遠していたのですが、今回カメラがサポートしていることもあり早速購入です。購入したのは、新しい Mobiというモデルです。

わたし同様設定が面倒くさいと思う人が多かったのか、このモデルは余計な機能をばっさり切り捨ててしまっています。結果として、セットアップはアクティベートだけという簡単さです。これなら「無線LANとか言われてわからんで!」というおばちゃんでも一人でセットアップできるでしょう。

では、残された機能はというと、「スマホに転送する」のみです。 ところが、今の時代、スマホに転送してしまえば写真共有サイトだろうが、Facebookだろうが、Twitterだろうが、どこへだってアップロードしてしまえるんです。即座にカメラから取り出したい理由なんてそんなものです。PCへは自宅に帰ってゆっくりSDカードから読み出して、じっくり吟味しながらRAWから現像したり補正を加えたりすればいいんです。

転送にはスマホをEye-Fiの無線LANに接続することが必要です。通常外出先でWiFiを使っている人は少ないでしょうから、多くの酢スマホでは一度接続をしていれば自動的にEye-FiのLANに接続しているでしょう。iPhoneでは専用アプリが無料で提供しているので、そのアプリを起動すれば簡単にiPhone内に取り込むことができます。

iPhoneなどのカメラの性能もよくなってきていて、正直スナップ程度ならデジカメなんて必要ないじゃんと思っていました。しかし、デジカメで撮った写真をこんなに簡単にスマホに転送できる、つまりネットでシェアできるとなると、やっぱりその専用のデジカメの画像の品質は捨てがたいですな。


Comments !