いろいろあろうが GL09Pを選んだ訳

e-MobileのGL01Pを使っていて別に不満もなかったのだが、キャンペーンで割賦の残高から1万円と事務手数料が無料との案内が来たのでGL09Pに機種変更してきた。バッテリーもちょっとヘタってきてたしね。

GL09Pの特徴は2つ。

まずソフトバンクの回線を使って4Gに対応していて下り110Mbpsが可能なこと。GP01Pが下り75Mbpsだから劇的に早くなる訳ではないがまずまず体感できる程度には早くなる。平均で5Mbps程度は確実に出るようなのでコンテンツによってはかなりのアドバンテージにある。4G回線が使えない場合はe-MobileのLTE回線や3G回線にも対応する。

もう一つは5000mAhの大容量バッテリーで外部への給電も対応する。本日受け取ったばかりでまだ確認できていないが、日中一度は充電していたのが不要になりそうではある。iPhoneへの充電は容量的に1回は可能なようだが、緊急の場合のみと割り切った。

まぁ、簡単に言うと、通信速度も速くなるしバッテリー容量もあがってあわよくばiPhoneに給電できるなんて最高じゃね? 的なノリだ。

しかし、ネットでは批判も多い機種である。

まず、通信料制限があること。これまでイー・モバイルは24時間の制限はあったようだが、月での制限はなかった。ところが4Gでソフバンの回線を使うため、月7GBとかその他細かい3日ごととか24時間の通信量の制限がついておりオーバーすると128Kbpsになってしまう。これじゃISDN時代じゃないか。わたしの場合過去の通信料を調べてみたら5GB前後で推移しているので大丈夫でしょう。e-Mobileの回線もいずれ10GB程度で制限を施すようだ。

もう一点は回線の切り替えが実質的にうまく動作しないこと。

4G<->LTE<->3Gの回線切り替えに分単位の時間がかかり実用的なないという批判。これはGL01Pだって同じ状態だったので別に気にしない。

ということで特に移行しない理由はないので移行してみました。また、しばらく使ってレポートしてみます。


Comments !