ブラザーのレーザープリンタ HL-2270DW 買いました

ずっとプリンターはCanonのPM950を使っていましたが、ブラザーのレーザープリンター HL-2270DWに買い替えました。 PM950は5年くらいに買ったのだと思います。今でも印刷の品質は申し分ないのですが、

  • 暴れすぎ
  • カラー使わねーし
  • インク高過ぎ

マンションの理事会の書記業務でも印刷を使うようになったので、安いレーザープリンタを探していました。カラー対応のものも思ったより安かったのですが、使わないのでモノクロにしました。

ブラザーと言えば、わたしの世代ですと名古屋にある昭和9年設立の老舗ミシンメーカーというイメージが強いのですが、早くからミシンの技術を生かしてファクシミリやプリンターを製造し海外ではトップシェアを誇るプリンターメーカーなんです。最近は安価なレーザープリンタであるこのシリーズは人気のようです。HL2270DWはブラザーが3年ほど前にリリースした機種だと思いますが、その分リーズナブルになっていました。

本体は意外にコンパクトでM950よりも小さく、そして軽いです。突起がないデザインなのはこの製品の美点です。有線・無線のLANに対応しているので、設定時にもUSBで接続して無線の設定をすればすぐに使えます。Mac版のプリンタドライバはWindows版に比べると機能がいくつか省略されているようです。あまり凝った機能は使わないのでいいんですが、こういうところで手を抜かないでほしいですね。

印字は両面でもとっても高速で、家庭で使う分には問題ないでしょう。カラー画像もプリンター任せで印刷してもきちんと階調を再現してくれています。用紙も250枚セットできるので、らくちんです。手差しでも用紙を入れられますが、かなり気を使ってまっすぐ入れないと斜めに吸い込まれていくの、現実的には全く使い物にはなりません。普段はA4の普通紙しか使いませんが、年賀状の宛名書きくらいには使うのではがきにうまく印字できるかちょっと心配です。

iPhoneからの印刷は専用のアプリは必要ですが、対応しています。Webや写真からの印刷を簡単に行う事ができます。

しかし、両面印刷でモノクロとは言え高速なレーザープリンタが1万円そこそこの値段で購入できてしまうとはね。


Comments !