Moleskine EVERNOTE Smart Notebook

Moleskine EVERNOTE Smart Notebookを購入してみました。 Evernoteとの連携を考えられたモレスキンです。どのように連携するか興味があったので。

モレスキン自体は、通常のモレスキンとほとんど変わらないようです。以前愛用していたのは方眼のものでしたが、今回は横軸のものにしてみました。デザインが若干異なっており、カバーにEvernoteの象を中心にイラストが浮き彫りになっています。また、Evernoteに取り込むときにタグとして認識されるシールが5枚ほど添付されています。また、スピンとカバーについているゴム紐がEvernoteのカラーである緑色になっています。また、Evernote プレミアムの3ヶ月使用権が付いています。

今日から使い始めましたが、1日にしてこれは使わないなという感想です。

一番の理由は Evernoteとの連携です。 画像について多少の補正はしてくれる程度で、特別な連携ができる訳ではありません。画像がEvernoteに貼り付けられる、それだけです。コクヨのノートのように日にちやメモのIDを認識するとか、タイトルを自動で取り込むとか、気の利いた機能はありません。 Evernote側でOCRの機能があるので、丁寧に書いたノートであれば文字列として検索できる可能性はあります。悪筆の私には関係ない機能です。添付のシールをノートに貼ればタグを自動で付けてくれますが、シールを貼るのが面倒でそんなことを継続してやるような根気は私にはありません。

そして、iOS用のEvernoteのドキュメント取り込みの機能の使いにくさです。動作も緩慢で、通常の写真、モレスキンの文書、名刺などいくつかのメニューから「モレスキンの文書」と選択する必要がありますが、インターフェイスが使いづらく選択に手間取ります。

あとはモレスキンの問題ですが、やはり紙質がいつものモレスキンなので万年筆で書くと激しく裏面までインクが浸透してしまいます。ボールペンであれば問題ないんですが。また、値段が高すぎです。

MoleskineとEvernote。どちらも気になりつつ、なんとなく気に入らない、わたしと相性の悪いツールです。もう少しがんばろうかという気持ちもありますが、早くも投げ捨てたい気分です。


Comments !