書評:オービタル・クラウド

この作者の作品はホーガンの初期の作品に似た印象だけど、ホーガンが「技術者 vs 政治屋」という構図だったのに対して、一貫して「危機に立ち向かうプロフェッショナル」と言う描き方。

それも「プロジェクトX」的な描き方じゃない。「危機」というはプロが際立つシチュエーションだから描かれているだけで、プロ同士で仕事をする気持ちよさ、プロ同士しか分かりあえない共有感が書きたいのだろうな。

読んでても心地よい。


Comments !