PIE-ZOさん

ヤフオクでPIE-ZOを手に入れました。

PIE-ZOはロングセラーとなっているアンプとスピーカー内蔵ギター ZO-3シリーズのギターで、ピエゾピックアップ搭載のベースギターです。ZO-3も人気で後発で作られたベースですが、こちらも20年近く売られています。昨年ピックアップからピエゾから一般的なマグネットのピックアップのものにモデルチェンジされています。

購入したのはボディーカラーがメタリックレッドのモデルで、傷はいくらかついていますが状態は良いほうだと思います。ネックのソリもなくフレットもほとんど減ってませんでした。

ZO-3シリーズは新品でも3〜5万円程度のギターで数も出てると思うんですが、オークションなんかだとそれなりに人気らしく意外に値段が高いんです。ベースギターなんてほとんど弾いたことがないので新品のもっと安物でよかったんですが、

  • 以前赴任先で暇つぶしに購入して愛用中のZO-3とお揃いでいいかなと思った
  • コンパクトで邪魔にならない まぁ腐ってもフェルナンデスだから安心

と思って落札しました。

ショートスケールでフレットの感覚がギターに近いので弾きやすいんですが、逆にそのために弦がちょっと太めでベースに慣れていないわたし的には指が痛いです。

ピエゾピックアップなので、音の立ち上がりがよくレンジも広いので高音をよく拾うので、アタック音を強調したアコースティックベースのような弾き方には合ってるかもしれません。フレットレスモデルもあるようで、これでウッドベースのような音を出すにはよいらしいです。

反面低音が弱いので、いわゆるエレキベースみたいな音が欲しいときには音も調整が必要です。大体プリアンプを通してコンプを強めに掛けてイコライザーで高音を抑制してからベースアンプに入れるという感じなります(全部Logic上のLINE6アドイン上での話ですが)。

また、通常のピックアップと違ってボディに触った音やネックで手を移動させた時の音も拾ってしまうので、結構神経を使います。これを嫌う人も多いですね。わたしも慣れているのでできればピエゾではなくマグネットの現行モデルがよかったんですが、さすがに昨年発表モデルなので中古も玉がなくあきらめました。まぁ、曲になると他の楽器に紛れてしまうので、弾いてみたらそれほど気になりませんでした。逆にいろんな音が出せるので楽しみな楽器です。

スタット・ベースが耳に残る「I Will」と、ベースギターと言えばこの曲「Rain」を演ってみました。前から打ち込みで気になっていた曲「Magical Mistery Tour」もやり直してみた。


Comments !