百人のキセキ 〜魅惑の黄金エール〜

Facebookの有志とメーカーでコンセプトの練り上げて作られたサッポロビールの「百人のキセキ 〜魅惑の黄金エール〜」を飲んでみました。

そこでのコンセプトはスタイルが魅惑の黄金エール、度数が7%、香りは上品で華やかなホップ香で苦味が効いたタイプだそうです。

飲んでみてよいなと思った点は、

  • 上面発酵らしい確かにきれいな黄金色
  • ホップの香りは若々しくさわやかで、「緑」が思い浮かぶ
  • ゴールデンエールらしい苦味はじっくり飲むにはよい。焼き肉と一緒にノドに流し込むようなビールではない。

こりゃダメだなと思った点は、

  • 度数が高すぎて、アルコールの嫌な感じ出てしまいます。苦味と合わせて、後半嫌みが強くなる。
  • コスパ悪過ぎ

ゴールデンエールだと思えばデュペルなども似たような価格ですが、大手の国産メーカーですから輸入品と同じ価格というのはね。デュペル当たりと比べると、泡のきめ細かさ、複雑なフレーバーと強いフルーティな香り、口当たりの滑らかさとドライ感など、どれをとっても及んでいません。

次は素直にベルギービール買います。


Comments !