HP-12Cアプリ

ずっと前にiPhone で HP-12Cをシュミレーションするアプリを使っていたのだが、2009年頃にヒューレットパッカードから純正のアプリが出ていたのに今ごろ気付きました。

見つけたのは、HP-12C Platinum 25th Anniversary のシュミレーションアプリ。

HP-12C Platinumは80年代に設計されて販売が続けられていたHP-12Cの後継で2003年に発売されたモデルで、RPN入力だけでなく一般的な通常の入力方式も選べたり(使わないけど)、CPUやメモリーも強化されてる1。それにバッテリーもCR2032一個というシンプルな設計に変更されています2

わたしは両方持っていますがさすがに持ち歩くほど使う機会がないので、iPhoneで使えるなら「おっ、便利じゃん♡」と思って1,700円にもかかわらず購入。

そして関連アプリを見ていたら、Platinumでない版も出ている。そして何故か、Platinumでない版だけバージョンアップがなされている模様。なんでだろうと思って見ていると2008年30th Anniversaryモデルということかと納得。なんとなく眺めている内に誤って購入。うぅ、1,500円也。

一時期日本HPが電卓の扱いを止めたので入手が困難になっていましたが、HP-12Cは現役モデルで今でもアマゾンで普通購入できます。


  1. 知らない人は「電卓でCPUやメモリー?」って思うでしょうが、半プログラム的な計算が出来るんです。 

  2. 80年代に設計されたHP-12Cはなんとボタン電池を直列で3つぶち込むという荒技です。 


Comments !