ジオタグをつけよう

最近iPhoneなどの写真が画質が上がってきてスナップ程度なら十分という感じです。なので、すっかり忘れがちなのですが、位置情報(ジオタグ)って普通のデジカメじゃつかないんです、当たり前ですが。

昨今プライバシーの問題とかで不用意に位置情報がついている写真をばらまいて問題になることが問題視されているみたいですが、そこまで馬鹿じゃないんで今日は「いかにしてジオタグを写真に付与するか」という話をしたいと思います。

今回紹介するのは、Geotag Photos Proというアプリです。iOS版とAndroid版が用意されています。

このアプリをiPhoneに導入して起動すると、適度な間隔でGPSから位置情報を記録してくれます。本当はiPhone 5Sから追加されたM7モーションコプロセッサーを使うともっと電力消費を抑えられそうですが、Android版もあるので使用されていないようです。しかし、デフォルトで2分間隔で位置情報を取得するようですが問題になるような電力消費もありません。マップで移動の軌跡を確認することもできます。

例えば旅行だと自宅に帰ってから記録を止めて、データを専用サーバーにアップロードします。

デジカメから写真をPC/Macに吸い上げて、専用アプリを立ち上げます。専用アプリはGeotag Photosのサイトでフリーアプリが配布されています。アプリを起動して吸い上げた写真のフォルダを指定すると、写真とGeotag Photos Proのデータをタイムスタンプを突き合わせて自動的に写真に位置情報を追加してくれます。

これでFlickrなどに掲載してもちゃんと位置情報が入った写真になります。

プライバシーには十分注意しましょう。


Comments !