秋の夜長に世界のエンジンを眺めよう

近頃ではどの自動車メーカーの車も似たり寄ったりで、まして内燃機関の時代は終わると言われて久しく「エンジンなんてどこだって一緒でしょ」と思ってる人も多いでしょう。

実際日本のメーカーは高級車はV6、ミッドレンジは直4、スモールカーは直3って感じです。これにV6じゃなくて、ハイブリッドがついたり、最近は過給器をつけた直4で置き換えたり。エンジンではっきりと独自色があるのはスバルの水平対向くらいです。

しかし、この本をパラパラと読んでいると、同じ形式のエンジンでもメーカーごとに、また同じメーカーでも型番ごとに歴史があり、それぞれに位置付けがあることがわかります。

さらに楽しみたい方は、以下のアプリを入れて遊びましょう。


Comments !